ヒダカ君のこと

ヒダカ君のこと

ヒダカ君のこと

さてその当時ボクの隣の部屋には、
ヒダカ君という同輩が住んでいた。

 

彼は理学部数学科の人間で、
同じクラブに在籍していたのだが、
ボクの部屋がよく麻雀大会の会場になっていたので、
「何かと便利だ」とか言って一回生の終わりに、
ボクの隣の部屋へ引っ越して来ていたのだ。

 

その頃は確かに何かにつけて麻雀をしていて、
たとえば「湯川博士が亡くなったから、
さあそれでは博士の追悼麻雀をしよう。

 

中(チュン)がドラで中をカンしてリーチをかけてロン上がりをしたら、
中(チュン)カンしリーチ・ロン(中間子理論)で役満ぢゃあ!」とか、
「川端康成がノーベル文学賞を取ったから麻雀しよう。

 

白がドラで白を暗カンしてリーチをかけてロン上がりをしたら、
意味はないけど「雪国」という役で役満ぢゃあ!」などと、
毎晩のようにボクの狭い四畳半の部屋に集まっては、
麻雀をしていた。

 

麻雀ができないやつも、
何だかんだとやってきてはウダ話をしたり、
いろいろ情報交換などをしていた。

 

だから確かに便利は便利だったに違いない。

 

そのヒダカ君がちょうどそこへ帰って来た。

 

そしてアカイさんの提案を聞くや否や、
ボクらがその提案を渋ったのとは全く対照的に、
「行く行く行くっ!オレそれ行くっ!」と大喜びで言い出した。

 

アカイさんの言い分を追認するように
「やっぱりウチの大学にはかわいい女の子なんか一人もおらんで。
ディスコでも行って捜して来んと!」
と広島なまりのアクセントでそう言いだした。

 

「どーげんも一緒に行こうぜえ!
ナンパするならやっぱりディスコやで!」
などと一度もディスコに行ったことのない彼がボクに言った。

 

そんな彼の様子を見て、
その場にいたみんなは一様に驚いた。

 

というのもヒダカ君は少し変わった男だったからである。

 

スポンサードリンク

彼は確かに背丈はそこそこあるのだが、
少し歯が出気味で髪の毛も
白髪が何本かに一本の割合で生えている
「銀髪」の持ち主だった。

 

また肌もすこし乾燥気味の少し茶色い老けた色をしていたし、
歩き方も踵を上げてクチャクチャ歩くような人であった。

 

彼はそして数学科というような難しい学科に通いながらも、
大きなスチールラックにあふれんばかりの少女マンガを集めていて、
それをまたうれしそうに自慢するような、
ちょっと変な感じのヒトだったのだ。

 

もちろんボクら同じ大学に通うモノから見ると、
彼は確かにただの「ウチの大学によくいる、
正しい変な人」でしかなかったのだが、
しかし外部の常識人から見ると、
きっと変な感じに見えた事だろう。

 

そんな彼が「ディスコにナンパに行く!」と言い出したものだから、
その夜ボクの部屋に集まっていた連中は、
みんなビックリした。

 

そして口々に
「アカイさんはともかくヒダカがそんな事したってアカンのとちゃうかあ?」
「ムダやムダ!お金損するだけや」などと彼に忠告した。

 

しかし彼はボクらを睨みそして真剣な顔で
「行くっ!絶対に行く!ナンパする!」と言いきり、
控え室つまり隣の自分の部屋へアカイさんを引き込んで、
二人でディスコでナンパの大計画を練り始めた。

 

結局アカイさんの提案に賛同したのはヒダカ君だけであったが、
ボクら麻雀仲間の連中の予想では、
やはりアカイさんなら上手く行くかも知れないが、
ヒダカ君はやっぱり難しいんじゃないかという意見が大勢を占めた。

 

「何せ女は外見で男を選ぶもん!」誰かがそう言った。

 

しかしそれを耳にしたヒダカ君は怒って
「うるさいっ!こっちは真剣に話をしとるんじゃ黙れっ!」と怒鳴り、
そしてドン!と壁を蹴った。

 

やれやれというかんじでボクらは麻雀を再開したが、
やっぱり話はその事に集中した。

 

NEXT:紫色のラメ入りシャツとルパン三世のはくようなズボン

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加