怪しい麻雀大会

怪しい麻雀大会

怪しい麻雀大会

貧乏人,正体,貧乏人の正体,裕福,お金持ち,比較,理由,京大

ユカリさんの自らの実現したい生活を実現させてしまう、
努力とパワーに驚いたりビックリしたりするボクだったが、
ある日突然ユカリさんから電話がかかってきた。

 

彼女からボクの所に直接電話がかかってくる事自体、
えらく珍しいことだったから、
ボクは一瞬「何事だ?」と少し身構えたのだが、
しかしそれは何の事はないただの麻雀の誘いだった。

 

「ねえミチモトさん今夜ちょっと空いてません?
これからあたしん家で少し麻雀したいんだけど、
メンツが全然揃わないんだ」

 

彼女はそういってボクを誘ったが、
今日はいつもとちょっと事情が違うらしい。

 

というのもボクの部屋で遊ぶ時も彼女のマンションで遊ぶときも、
彼女と麻雀する時はたいてい、
アマノ君かユカリさんの彼氏が一緒だったのだが、
その日に限ってどちらも来れないという。

 

「だから全然メンツが揃わなくってー」
彼女は電話の向こうで申し訳なさそうにそう言った。

 

だがしかしさっきも書いたがユカリさんは、
犬を飼うために大学からかなり離れたところに住んでいて、
銀閣寺道からは自転車で漕いで行っても相当時間がかかる。

 

行きは良くても帰りはダルい。

 

だからボクは
「うーんでもボク足がないんやけどなー。どの辺だったっけユカリさんち」
と言って断ろうとしたのだが、
そうすると彼女は少し考えて

 

「あっそっかー足がないのね。うーんとえっーと、
じゃあさぁミチモトさん、
銀閣寺道の交差点のとこで待っててくださらない?
あたしが車で迎えに行きますから。
たぶん八時半ぐらいになると思うんだけど、
それでいいかしら?」

 

…と言って強引にボクを勘定に入れ電話を切った。

 

ボクはまあそれほど忙しいわけでもなく、
また別に何をするでもなかったので
「まあいいか」という感じで身支度し、
時間通りにその待ち合わせの場所に向かった。

 

「リリィは元気かな?」そんなことを考えていたように思う。

 


ところがそうして彼女の車に拾われ、
例の犬付きの広いアパートに着いてみると、
そこにいるのは何と、
ボクの全く知らない人たちばかりであった。

 

一人は文学部の女のコ。
一人は府立医大の男性。

 

後の一人はどんな人だったかもう忘れてしまったが、
とにかくボクの知らない少し大人びた男。

 

ボクは彼女がそんなに社交的なヒトだとは知らなかったし、
またボクを拾って彼女の部屋に戻る途中にも

 

「このクルマ、ハンドル重いわぁー!
やっぱりお金はケチるもんじゃないですわね。
ちゃんとパワステついてるの買うべきだった…」
(当時は高級車しかパワーステアリングがついていなかった)などと、
ブツクサ言いながら車を走らせていただけだったので、
てっきりいつも通りの顔見知りばかりが集まるのだと思っていた。

 

だから一瞬「えっ?」という感じで身構えた。

 

しかし彼女はそんなボクの様子など全く気にも留めず、
ベッド上に散らかしてあった洗濯物のショーツやらブラジャーなどを
「あはははっ!」と照れ笑いしながら片付けただけで、
「じゃあ始めましょうか!」と言い、
笑顔で牌を並べ始めた。

 

だがしかしボクは落ち着かなかった。

 

と言うのも当時からボクは人見知りが激しく、
口下手な人間であったからである。

 

もちろんボクが貧乏人であるのは彼女も知っていたはずだから、
わざわざカモにするためにボクを呼んだわけではない。

 

そんなことぐらいはわかっている。

 

だがしかし知らない人間と、
一緒に麻雀するのはやはり落ち着かない。

 

話す話題もないし相手の性格も全くわからない。

 

わからないということは怖いのだ。

 

だからボクは恐る恐る

 

「えーっと今日のメンツは一体どういう関係の集まりなんですかねぇ?
多分皆さんボクとは初対面だと思うんですけど…」
と尋ねてみたのだが、
そうするとなんと彼らもお互い他の人とは初対面だと言う。

 

「いや実はね、さっき急にユカリさんから
『麻雀しません?』って電話がかかってきて、
それで来たんだけど」
「あボクもそうそう!さっき彼女から電話がかかってきて
「麻雀できません?」って聞かれたもんだから」。

 

「はあそうですか」

 

ボクは配牌を並べ替えながら作り笑顔をして、
そうあいまいに返事をしたのだが、
心中穏やかではなかった。

 

NEXT:不用心?それとも社交的?

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加