アマノ君のこと

アマノ君はちょっと個性的な、髪をした学生だった。

 

なんと言えばいいのかよく分からないが、とにかくちょっと変わった髪質の持ち主だった。

 

その髪は彼のアイデンティティを示す強烈な材料で、彼が表を歩いていると、誰もが遠くからでもすぐそれが彼だと気がついた。

 

そして誰かに彼のことを話す場合にも、「ほらアノこういう髪をしたヤツ」と言えば、たいていの人間がすぐ思い当たった。

 

社交的で友達と遊ぶのがとても好きな彼は、その独特の頭髪を隠そうとはしなかったが、子供の頃には散々からかわれたり、散々いじめられたらしい。

 

しかしそういう話も笑ってするようなヤツだった。

 

彼とボクとは同じ大学の学生だとは言っても学部も違っていたし、また所属しているクラブも異なっていた。

 

だからもしボクがヒダカ君の下宿で、「最近近くのパチンコ屋に入りびたっているんだけど、なかなかうまく勝てんなぁ」などという話をせず、そしてその時ちょうどシンガイ君が彼の部屋にいて、「ああそれならうちのクラスにも、パチンコ狂が一人いるから、今度紹介しようか」
と言わなかったなら、もしかするとボクらは友人になるどころか、お互いの顔すら知らなかったかも知れない。

 

そしてもし彼と知り合わなければ、この本の中身は半分くらい無くなってしまうから、もしかするとボクがこういう貧乏と裕福について書くということも、なかったかも知れない。

 

だから「縁」というのは、本当に不思議で妙なものだなあとつくづく思う。

 

さてそのアマノ君であるが、やはり裕福な家庭の育ちだった。

 

実家は千葉の某駅前でアパートや駐車場を経営しており、京都での彼の住まいもきれいで瀟洒な、鉄筋四階建のワンルームマンションであった。

 

それは今でこそまるで珍しくもない、エアコン・電話・バス・トイレ・キッチン付の八畳くらいの部屋だったが、しかし彼からその部屋の家賃を聞いてボクは驚いた。

 

というのもその部屋の賃料はなんと、当時の金で四万円もしたからである。

 

今でこそ四万円というと超格安物件で、東京圏では風呂無しの六畳一間くらいの賃料であるが、30年前(1980年頃)ならその金で、2LDK以上のアパートが十分借りれたのだ。

 


実際ボクが中学・高校時代を過ごした、大阪の鉄筋五階建二LDKのアパートの家賃も、ほぼ四万円くらいだったから、ボクはビックリして思わず、「どうしてそんなもったいないことをするのか」と彼に尋ねたくらいだった。

 

「寝て起きてテレビと本棚とコタツを置くだけの場所に、なんでそんな大金をはたかなアカンねん」というのが、当時のボクの正直な価値観だったからである。

 

しかも彼がさらに

 

「だってうちの母親がここにしろって決めてお金出してくれるんだもの。
確かに学生が家賃にこんなに使うのは贅沢なことだとは思うけどさあ」

 

…と言ったもんだからボクはさらに驚いた。

 

「ええーっ母親がこんな高い所に決めてお金出してくれるぅ?
えっだって月に四万やで?礼・敷合わせたら年に
六十万も七十万も払うことになるんやで?
そんな高いとこに親がしろって言って、それで家賃から何から全部出してくれるってか?」

 

…と彼に詰め寄るようにして確かめた。

 

だがしかし彼はそんなボクの驚きなど、まるで意に解さないようにさらに

 

「うんそうだよ。
だってボクは他のもっと安いところでもいいって言ったんだけど、うちのお母さんが『京都は寒いし風呂付でないときっと風邪ひくから』って言って、ここに決めたんだ。

 

親がそうしてせっかくお金出すって言ってくれてるのに、それを無理に断るのもやっぱり変な話だろ?」と答えた。

 

「うーん…」ボクは唸った。

 

なぜならそれは全く信じられない話であったからである。

 

と言うのももしボクが彼の住んでるような瀟洒なワンルームマンションに住んで、ゆっくり大学で勉強したいだなんて、口が裂けても言えなかったからである。

 

そんなことを母親に言おうものなら母の両目はつり上がり、怒り狂って「そんなムダなことに金を遣うくらいやったら、大学なんか行かんでもエエ!」とボクをののしり、泣きわめいて茶碗や湯飲みをぶつけるに違いなかったからである。

 

ところが彼の親は何とうちの母親とはまるで反対に、息子にそんなゼイタクを勧め、そしてちゃんと暮らしているか年に何度も様子を見にくるらしい。

 

そして不足しているものをたった一つ発見しただけでも、嬉々としてすぐ送りつけてくれるらしい。

 

だからボクは驚いた。

 

そしてそれがどうしても信じられなかった。

 

「うーん世の中にはいい親もいるもんやなぁ…」。

 

勉強するための金を稼ぐために、家を出て住み込みで新聞配達しながら、ようやく大学進学を果たしたボクの目には、彼のその暮らしが何かとんでもなく卑怯でズルいことのように見えた。

 

そしてそんな親の好意を甘んじて受け入れている彼が、どうしようもない甘えん坊で軟弱者のように見えた。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加