見わたせば、なぜかガタクタばかり

見わたせば、なぜかガタクタばかり

見わたせば、 なぜかガタクタばかり

家に帰ってから、
ヤグチ君の実家の広々とした様子を思いだし、
そしてそれと自分の部屋や実家の様子と比べてみると、
明らかに自分の部屋や家にあるのは、
ガラクタばかりのようであった。

 

ウチの実家に置いてある家具は、
デカくてセンスの悪いモノばかりだし、
敷いてあるカーペットだって何も考えずに買ったような緑色の、
しかも掃除しづらいモノである。

 

天井も低いし中途半端な高さのガラス棚や、
三面鏡をゴテゴテ置いているために、
八畳ぐらいあるスペースも、
実際人間が動けるのは四畳半ぐらいしかなくなっている。

 

そういう意味もなく場所をとっている、
飾りタンスや小さなテーブルなどは、
捨てるかベランダにでも出しておけば、
部屋を広々使えて気持ちが良さそうなのだが、
どういうわけだかウチの母親は
「そんなもったいないことでけへん!」と言って、
そうしなかった。

 

またボクの下宿の四畳半だって、
実は本は本棚に収まりきらずあちこちに無造作に積んであったし、
ロクに使いもしないバーベルセットだとかダンベルだとか、
バッテリーがダメになって使えなくなってしまったワープロだとかが転がっていた。

 

それ以前も使いもしないバカでかい中華なべだとか、
パチンコ台・鳥のいない鳥カゴ・デカイビニールの衣裳ケース
・ゴミを吸わない中古の掃除機などのガラクタも、
所狭しと置いてあったからほんとにもう無茶苦茶だった。

 

もちろん捨ててはいた。

 

そしてガラクタになるようなモノは、
極力買わないように努力はしていた。

 

部屋を広く使おうとして、
本棚は薄っぺらい文庫本用の背の高いものを使っていたし、
胸より高い空間は見通しが良いように、
なるべくモノを積み上げないようにしていた。

 

押し入れもフスマを外してカーテンを張り、
そこを立体的な空間として利用できるように工夫して、
なるべく部屋を広く使おうとしてはいた。

 

だがいかんせん、
どう頑張ってみてもやはりボクの部屋にはガラクタが溢れかえり、
そしてどんどん場所を狭くしていた。

 

「一体これはどういうワケなんだ。
どうして自分の部屋にはこんなにガラクタがあるんだ?」。

 

考えてみるが一向にわからない。

 

不要なものは極力買わないようにしているはずなのだが、
結果的に見ればガラクタばかり買っている。

 

どうも貧乏人とゴルフ場のカラスは、
ガラクタばかり集めたがるらしい。

 

NEXT:石橋を叩いて渡る堅実さ


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加