衣食住なくして人生なし

貧乏人の浅はかな考えでは、金持ちというのは毎日とんでもない御馳走でも、食べているように思いがちである。

 

だがアマノ君やユカリさんなどが、何を食べていたかを思い出してみても、定食屋でサンマ定食や肉ジャガを、好んで食べていたような記憶がある。

 

また邱永漢さんの奥さんの出している家庭料理の本を見ても、意外に地味な野菜料理や海鮮料理が多い。

 

つまり裕福な人間というのは、何が自分を支えているかをよく知っているし、それをお座なりにしないことがいかに大事で成功につながるかを、よく知っている。

 

そして彼らは健康だからこそ自らの身体に必要な栄養を、舌や身体で感じることができ、躊躇なくそれを求めることができるのだ。

 

ウチの食卓にはせいぜい飯茶碗と皿と、お椀の三種類くらいしか並ばなかったが、裕福な家庭では食卓に食べると食べないとは問わず、何種類も惣菜が並ぶ。

 

そしてそれを各人が自分の体調や健康状態に合わせて選んで食う。

 

それがつまり裕福な家庭の、裕福な食事というものなのだろう。

 

彼らは子供の頃からそういう食事を覚え、そして大人になってもそれを繰り返して健康を保っている。

 

つまりそれがまた裕福につながるわけである。

 

ところがウチのような貧乏人となると、最低限の条件も満たしていない日が多い。

 

育ち盛りの子供なら一日最低50グラムくらいの、タンパク質は絶対必要なのであるが、貧乏人はそんなことはお構いなしに、インスタントラーメンやカップ麺などで一食を済まそうとしてしまう。

 

卵の一つも添えるでなし、そしてツナ缶をあけるでなし。

 

もちろんそれはそれで腹がふくれて、空腹がとりあえず癒されるからなのだが、こういう食品ではタンパク質が取れないし、おまけに野菜不足だからビタミンやミネラルに乏しく、カロリーも高いからアレルギーの誘因にもなりやすい。

 

野菜やタンパク質が不足すると免疫力はどんどん落ちるし、カロリー過多によるアレルギーは、大きなストレスとなって大量のビタミンを消費する。

 

つまり病気にかかりやすく、そして治りにくくなるのだ。

 


だからそういう食事を続けることによって、貧乏人はどんどん不健康になり、そして感覚がどんどん麻痺していくのである。

 

そしてその鈍った感覚がまた、判断を誤らせ失敗させる。
だから泥沼なのである。

 

質的に言っても量的に言っても、裕福な人間や家庭というものは、そうして食を初めとする衣食住にこだわっているし、熱心に研究しているようである。

 

そしてまたそれが日常の健康や、イザとなった時の大きな底力を出せる秘訣となり、活力になっている。

 

豊かに育った人間だからと言って、子供時代に食べさせられた惣菜を、そのままわざわざ自分で作って食べるとは限らない。

 

なぜならそれは手間もかかるし、お金もかかるからである。

 

それなのに彼らがそれらを求め、わざわざ自分の家で作ってまで食べるということは、健康で正常な神経と肉体が、そういう食品を要求して止まないのだとしか考えられない。

 

そしてそれを存分に食うことが、全ての始まりであり終わりであると、彼らが考えているとしか思えない。

 

邱永漢さんの本を読むと、息子が結婚相手を連れてきたとき、その娘の節度と食欲を見たという。

 

気立てが良く、しっかりメシを食う女性を合格としたという。

 

裕福の根本には健康があり、そしてそのために衣食住を充実させる必要がある。

 

衣食住なくして人生なし、というのが裕福な人々の信条なのだろう。

 

(第4章・おわり)

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加