常識も観察力もまるでなかったウチの母親

ウチの母は普通の男性が、どのくらいの量のモノを食べるか知らなかった。

 

兄弟に男が一人もいないならばともかく、三人も兄がいるというのになぜか知らなかった。

 

だからボクと弟がカレーやシチューなどの夕食の日に、ここぞとばかりにバクバク飯を食うのを見ても、母は無神経に

 

「よう食うなー欠食児童みたいやな。
一体どこにそんなに入るねん」
などとよく言った。

 

ウチの母親が一体何を根拠に、そんな気の狂ったようなことを言っていたのかはわからないが、そういう事にまるで興味のないのは明らかだった。

 

しかしTVドラマを見ても、元気な中学生や高校生はよく早弁することになっているし、ガツガツモノを食うことになっている。

 

そしてたまにボクが友人宅で御飯をごちそうになる時だって、向こうのお母さんはボクがそれくらいは
最低食べると思って食事を用意している。

 

だからボクが友人宅で普段通りの食事をして箸を置こうとすると、先方様のお母さんに「もうエエの?小食なんやね。

 

おかわり何ぼでもつくってあるんだけど…」なんて何度も何度も言われた。

 

男の子はそれくらい食う方がやっぱり普通だったのである。

 

しかしウチの母親にはそんな常識がまるでなかった。

 

そんな量も全く用意しなかったし、袋入りのインスタントラーメンすら一食分の食事として計算した。

 

そしてあろうことか勝手にモノを食べたり、たくさん飯を食ったりすると「計算が狂う!」と怒鳴ってすぐに機嫌を悪くした。

 


だからボクは自然と食が細くなった。

 

自分の食が細いと言うことは薄々勘付いていたことだったが、大学に入って毎日のように友達と一緒に飯を食うようになると、それがハッキリした。

 

というのも友人達はたいてい皆ドンブリで大盛りの飯を食い、とんでもない食欲でモノを食べていたのだ。

 

肉ニラ炒めと餃子と大盛りの御飯だとか、大盛りの中華丼にトリの空揚げ二百グラムと卵スープだとか、当時ボリウム満点で評判の『餃子の王将』で、バクバク・バリバリ・モリモリと音でも立つぐらいに、みんな食べていたのだ。

 

「こいつらよう食うなー」などとボクも最初は思ったが、しかし実はそのくらいが健康な男性の普通の食事量なのであった。

 

それだけ食えないというのは、やはりボクがどこかおかしかったからであり、ボクの体調に合わせた食事を親がちゃんと、用意していなかったというだけであった。

 

腹がちゃんと減るというのが健康な印なのであって、食わないヤツは皆、ボクみたいに暗い顔をしている者だけであった。

 

以前後輩に中華料理屋でバッタリ会った時に、「おごってやるから好きなもの食え」と言ったことがあったが、彼は間髪入れず「二人前頼んでもいいですか?」と聞き返した。

 

そしてボクが「エエよ!」というと、彼はアゲソバと中華丼の大盛りと野菜炒めとを注文して、それをアッという間に平らげたのでボクはビックリした。

 

確かに彼は大柄な男だったが、それにしても凄い食欲だったから
「すごいなーオマエいつもそんなに食うのか?」と尋ねると、彼は平然として「はあこんなもんです、いつも」と
口をモグモグさせながらそう答えた。

 

ボクは彼の食欲にも驚いたが、それだけ食事にお金を掛けられる、彼の金銭感覚にも驚いた。

 

自慢じゃないが今でもボクは、千円以上を一食に使うことなどほとんどない。

 

しかし三人も兄を持ちながら、ウチの母親はそんなことも知らなかった。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加